So-net無料ブログ作成

「マミヤ645」中判カメラ用レンズの実力 [カメラ]

富士山の撮影をしていて、中判カメラ用レンズの実力が改めてよくわかりました。

使用したカメラはCANON EOS 6Dで、ほぼ同じ条件で撮影しています。

 ↓マウントアダプター+MAMIYA SEKOR C 80mmF1.9N(マミヤの中判レンズ)で撮影したもの
IMG_8191.jpg

 ↓CANON EF100mm F2.8L マクロ IS USM(キャノンのLレンズ)で撮影したもの
IMG_8234.jpg


「中央部の拡大」
 ↓マミヤの中判レンズ
IMG_8191 3.jpg

IMG_8234 3.jpg
  ↑キャノンのLレンズ

「周辺部の拡大」
 ↓マミヤの中判レンズ
IMG_8191 2.jpg

IMG_8234 2.jpg
  ↑キャノンのLレンズ

マミヤの中判レンズはキャノンのLレンズと比べても、見劣りがしないばかりか、マミヤの方が解像感が高く、色の載りが良いような気がします。

コストパフォーマンス抜群です。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。